WEBデザイン



ターゲットを最重視した高品質なWEBデザイン

WEBデザインをする際、キーワードのひとつとして「ターゲット」という言葉が使用されます。ターゲットとは、「誰がそのホームページを見るのか」ということです。

ホームページ制作をする際の論点となりますが、「WEBデザインは良いが情報が伝わりにくい」「情報は伝わりやすいがWEBデザインが良くない」「文字が多すぎて読みづらい」などと制作会社はWEBサイトを見て比較します。

どちらが正しいのでしょうか?? 正解はわかりません。なぜならばホームページ制作会社はきちんとターゲットを絞りそのターゲットを引き付けるようにWEBデザインをおこなっているので、制作に立ち合ったスタッフでない限りそのターゲットはわかり得ないし、正しい評価はできないということです。

むしろ、「情報が伝わってこそ良いホームページだ」「デザインがカッコ良いからいいホームページだ」と言い切ってしまうほうが何も知らずにWEBデザインを評価していることになります・・・

ターゲットの中にも「写真や画像だけで情報を把握する人」「しっかりと文章を読むひと」と様々な人々がホームページを訪れる訳ですから、写真も見やすく、文章も読みやすく、素材をバランスよくまとめる力こそが、ターゲットを引き付けるための良いWEBサイトデザインに繋がるのだと考えます。